北島建設

スタッフブログ

2017.02.28

京都”かけ足”散策

こんにちは

建築部の「A」です。

 

今日で2月も最終日。あっという間にやってきてしまいました。
ところで、今月は京都と岡山に立ち寄る機会があり
短時間しか滞在できませんでしたが、それぞれの街を散策してきました。

今回は、報告第一弾(京都”かけ足”散策編)です。

 

京都では、本願寺境内にある「飛雲閣」という建物を見てきました。
(間近には見られなかったので、遠くからチョットだけ眺めただけですが・・・)

 

西本願寺のサイトによると、この「飛雲閣」は、
金閣、銀閣とともに京都三名閣の一つ。
秀吉が建てた聚楽第(じゅらくだい)の一部ともいわれており、
三層からなる楼閣(ろうかく)建築ということです。

「興正寺」から見た「飛雲閣」

西本願寺の隣にある「興正寺」から眺めた「飛雲閣」

 

また、京都駅前では「羅城門」の1/10スケール復元模型が見事にライトアップされ
京都タワーとの見事なコラボレーションが見られました。

「羅城門」と「京都タワー」のコラボレーション

ライトアップされた「羅城門」と「京都タワー」

 

本当に短時間しか滞在できなかったので、
散策というより前を通り過ぎて眺めただけの
急ぎ足での散策となってしまい残念でした。
次に訪れるときは、
ゆっくりと出来る時間を作って訪れたいです。

 

しかし、京都市内は外国人が沢山いてびっくりしました。

次回は、(岡山”かけ足”散策編)を報告します。